台湾の元宵節といえばランタンフェスティバル! 以前自力で行った平渓天燈祭をレポします! その1

こんにちは  ゆるーくマイラーやってます

今年の旧正月は2月16日ですね。

先月台北に行った時も旧正月が近いということでおめでたいディスプレイのお店や、家で飾れる商品を置くお店が多かったりとかなり賑やかでした。

旧正月の元旦は新月です。一度目の満月は元宵節で今年は3月2日です。

台湾で元宵節といえばランタンフェスティバル

今年も行かれる方は多いのではないでしょうか。私も2015年と2016年の2回、平渓ランタンフェスティバルに行ってきました。

現地にはひとりで、オプショナルではなく自力で行って参りました。写真は現地についてからのものしかないのですが、大体毎年同じ場所から出発するそうなのでその時の事を覚えている範囲でお話したいと思います。

これから行くことを検討している方の参考になれば嬉しいです。(2年前でも少しは参考になるかと…💦)

観光客が一番分かりやすく自力で行くのは、文湖線で動物園駅まで行き、そこから有料のシャトルバスで行く方法です。

(右下の○が動物園駅です)

有料と言っても50元(2016年当時)でした。

ただ、お釣がほぼないようなので細かいお金を準備していく方がベターです。

行きにバスに乗るときにお金を払ったら、帰りはバス停に行けばお金は払わずに乗れましたので往復の料金のようでした。

すごく良心的ですよね。

平渓に着くと会場までは歩きなのですが、2015年と2016年では降りる場所は同じだったのですが、会場までの歩く道のりが違いました。

看板があったのと、ロープで囲ってあったので問題はなかったです。

2016年のときは老街と、あの有名な駅(線路)も通り道でした。

のんびり歩いていたところいきなり

ピー

ピピー

と笛の音が。

(画像が荒くてすみませんっ💦)

来たっ!電車キターーーっ!!

テレビでしか観たことなかったけどホントびっくりしました。(笑)

老街を通りながらちょっとお腹が空いたので、屋台でフランクフルト(甘い台湾ソーセージ)を食べながら会場へ向かいました。

ひとり旅は待つのももちろんひとり。トイレ交代もできません!こういう時辛いかなぁ。

トイレは仮設がたくさんあるので心配は要りませんがキレイではないです。その辺は郷に入っては郷に従え精神で乗りきってください❗

このまま立ちながら座りながらを繰り返し、持参したタブレットで読書をしながら待つこと3時間強ww

途中地元の方々の歌やダンスの出し物があります。その後、新北市の市長の挨拶などのあと………

周りが暗くなったらいよいよ始まりです❗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする