2017年 8月 台北旅行 MRTに乗ってホテルに移動

こんにちは  ゆるーくマイラーやってます

では空港を出てホテルへと移動します。

松山空港から外へ出るとタクシー乗り場があります。

空港近くだけど荷物転がしながら歩くのはちょっと。。。や、

最寄り駅から少し歩くので空港からタクシーを使いたい や、

電車はわからないからタクシーでサクッとホテルまで行きたい! などの方はそのままタクシーを利用しホテルへGO!してください

私はチキンなのでひとりでタクシーに乗ることができません!w

地下鉄(MRT)に乗ります

SIMを購入した中華電信の近くのドアから出ると、少し右に地下鉄の入口があります。

そこからエレベーターもしくはエスカレーターで下ります。

看板の指示に従い(短い)動く歩道の乗って新東陽のお店を眺めつつ、地下へ地下へ移動すると改札が出てきます。

改札横の有人カウンター(インフォメーション)で必要な方は1日券や悠々カード(easy card)を購入します。購入しない方はそのまま自動券売機で切符を購入します。(切符と言ってもアジアの電車によくあるトークン式です。券売機で購入すると青いコイン型のようなものがでてくるのでそれを改札にタッチして中に入ります。)

私のおすすめは悠々カードです!

日本でいうとSuicaのようなものなんですがチャージ式で使用します。悠々カードで乗り降りすると乗車代が2割引きになります!お得ですね。ここも「Can I have an easy card?」で通じますよ

そのまま現金を渡してチャージしてもらってもいいですし、チャージの機械で自分でチャージすることももちろんできます

チャージする券売機はこちら

この機械なんと…

日本語が選択できます‼‼‼

さすが親日の国、台湾。すばらしいですね!

ちなみに今年5月に台湾に来たときはまだ中国語と英語のみの対応でした。

いつから使えるようになったのか。またすべてのチャージ機で日本語対応になっているのかは定かではないのですが、一番誰もが使うであろう空港の機械が日本語に対応しているというのは旅行者にとって大変ありがたいことだと思います。

日本語で指示される通りに機械にカードを置き、お金を入れれば簡単にチャージできますので試してみてください

チャージ完了したカードで改札内に入ったらいよいよ電車に乗って移動です。

松山機場の駅は文湖線(wenhu line)です。私は今回この文湖線の南京復興駅にあるホテルに宿泊しました。

松山機場→中山国中→南京復興 と2個目の駅です。5分強で着きます

南京復興の駅に着いたらホテルに移動します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする